コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

介護保険法の改正

1件 の用語解説(介護保険法の改正の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

介護保険法の改正

これまで要介護の認定は「要支援」と「要介護1〜5(5の方が重度)」の6段階に分けられていたが、今月から、軽度の「要介護1」のうち6〜7割程度の人が「要支援1、2」という新しい枠に移る。厚生労働省によると、昨年10月時点で「要介護1」の人は全国で約140万人。「要介護1」のサービス利用限度額は1カ月に16万5800円だが「要支援2」に移ると10万4千円(ともに1割は自己負担)になる。軽度の人のサービス利用が急増して費用がかさんでおり、介護が必要とならないように予防に力を入れる狙いがある。

(2006-04-03 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

介護保険法の改正の関連キーワード介護支援専門員要介護認定介護予防虚弱高齢者介護予防サービス介護保険の現況介護保険制度の改定介護予防事業障害程度区分公的介護保険制度

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

介護保険法の改正の関連情報