コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仏乗慈僊

1件 の用語解説(仏乗慈僊の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

仏乗慈僊

江戸後期の曹洞宗の僧。越前生。仏乗は号、俗姓は谷川。彦根清凉寺の独掌道鳴に得法する。長門の長徳寺の住職、ついで石見の慈雲寺・栄泉寺、美濃の龍泰寺・最乗寺、尾張の安昌寺等を歴住する。明治3年(1870)寂、73才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

仏乗慈僊の関連キーワード因孝休覚回天慧杲釈鼇仙千丈実巌祖心伝翁玉山全英大円仏通凸巌養益越溪休覚紹瑾

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone