コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕付ける・躾ける しつける

大辞林 第三版の解説

しつける【仕付ける・躾ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 しつ・く
日常やりなれている。しなれている。やりつける。 「 - ・けない事をして腰が痛い」
技芸・作法などを教えて身につけさせる。 「厳しく-・ける」 「よく-・けてこし事なれば、少しおぼえ候/宇治拾遺 5
仕付けをする。 「白糸で-・ける」
準備をととのえる。
支度をすませる。こしらえる。 「轡に面懸おもがい手縄を-・けて/雑兵物語」
作物を植え付ける。特に、田植えをする。
子供や奉公人を、嫁入りさせる、奉公に出す、独立させるなどして、落ち着いた状態にする。 「敷銀千枚づつ付けて聟むこは願ひのままのところへ-・けられしに/浮世草子・織留 5
やっつける。 「千代歳さまに-・けられて無念な、敵取つて下んせ/浄瑠璃・冥途の飛脚

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android