コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕初め・為初め・仕初・為初 しぞめ

大辞林 第三版の解説

しぞめ【仕初め・為初め・仕初・為初】

はじめて物事をすること。てはじめ。
仕事始しごとはじめ 」に同じ。
江戸時代、正月元日に、歌舞伎で行なった儀式。翁渡おきなわたしを行い、座頭ざがしらが春狂言の名題や役を発表する巻触まきぶれ、子役の踊り初めのあと一同で手打ちをする。 《仕初》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android