仕初・為初(読み)しぞめ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① はじめてすること。
② 江戸時代、歌舞伎劇場で、元旦から三日間行なった行事。翁渡し、巻触れ、子役の踊り初めなどの後、列座一同で吉例の手打ちをするもの。
※絵本戯場年中鑑(1803)上「扨仕初と仕り升して子役の花踊を御覧に入れ升、と口上の内に」
③ 仕事はじめ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android