仕手・為手(読み)して

大辞林 第三版の解説

して【仕手・為手】

[0] 何かをする人。 「年寄りの世話の-をさがす」
[2][0] (普通「シテ」と書く)
能の主役。中入りのある複式能では、前場のものを前ジテ、後場のものを後のちジテという。 → わきつれ
狂言の主役。オモ。 → あど
[0] 取引で、投機を目的として大量の売買をする人。 → 仕手株仕手戦

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android