コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他し・異し あだし

大辞林 第三版の解説

あだし【他し・異し】

〔古くは「あたし」〕
名詞の上に付いて、異なる、他の、の意を表す。 「逢ひ難き君に逢へる夜ほととぎす-時ゆは今こそ鳴かめ/万葉集 1947」 〔形容詞とする説もあるが、活用した確かな用例はない。→あだし(徒)

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

他し・異しの関連キーワード万葉集

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android