コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

他・咤・多・太・汰

1件 の用語解説(他・咤・多・太・汰の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

た【他・咤・多・太・汰】

【 太 】
⇒ たい〔太〕 [漢]
【 他 】 [音] タ
ほかの。別の。よそ。 「 他界 ・他郷 ・他行たこうたぎよう) ・他国 ・他日 ・他出 ・他所 ・他生 ・他端 ・他人 ・他年 ・他方 ・他面 ・他流 」
ほかの人。ほかのもの。 「 他見 ・他言 ・他殺 ・他動 ・他聞 ・他力 ・他律 ・排他 ・利他 」
かくされた。 「 他意 ・他志 ・他心 ・他念 」
【 多 】 [音] タ
数・量・種類などがおおい。 「 多寡 ・多感 ・多岐 ・多義 ・多芸 ・多言たげんたごん) ・多恨 ・多才 ・多産 ・多事 ・多識 ・多種 ・多少 ・多数 ・多勢 ・多多 ・多大 ・多端 ・多難 ・多年 ・多方 ・多忙 ・多用 ・多量 ・過多 ・夥多かた ・雑多 ・繁多 ・煩多 ・多元論 ・多神教 ・多方面 」
【 汰 】 [音] タ
えらびわける。 「 沙汰 ・淘汰とうた
程度を過ぎる。分を超える。 「 奢汰しやた
【 咤[音] タ
しかる。相手をとがめる。舌打ちする。 「 叱咤しつた

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone