コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付け差し・付差し つけざし

大辞林 第三版の解説

つけざし【付け差し・付差し】

自分が口をつけた酒杯や、キセルを人にさし出すこと。遊里などで、相手に対する情愛の深さを示す行為とされた。 「こは珍しい-と、押戴いて飲んだりけり/浄瑠璃・堀川波鼓

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

付け差し・付差しの関連キーワード浄瑠璃キセル遊里

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android