付け書院・付書院(読み)つけしょいん

大辞林 第三版の解説

つけしょいん【付け書院・付書院】

書院造りで、床の間わきの縁側に張り出して設けた出窓のような部分。文机ふづくえほどの高さの板張りの前方に明かり障子をつけたもの。鎌倉末期から室町時代にかけて住宅に設けられた造りつけの出文机いだしふづくえが、座敷の装飾となったもの。書院床どこ。書院棚。書院構え。明かり床。明かり書院。 → 出文机

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android