付け物・付物(読み)つけもの

大辞林 第三版の解説

つけもの【付け物・付物】

直垂ひたたれや水干の綴じ目に綴じ付ける飾り物。菊綴じの類。 「祭の日の放免の-に、ことやうなる紺の布四五反にて馬をつくりて/徒然 225
催馬楽さいばらなど、雅楽の歌物の助奏楽器。
そう組歌に付随する段物・砧物きぬたもの・弄斎ろうさい物など器楽曲の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる