コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付け物・付物 つけもの

大辞林 第三版の解説

つけもの【付け物・付物】

直垂ひたたれや水干の綴じ目に綴じ付ける飾り物。菊綴じの類。 「祭の日の放免の-に、ことやうなる紺の布四五反にて馬をつくりて/徒然 225
催馬楽さいばらなど、雅楽の歌物の助奏楽器。
そう組歌に付随する段物・砧物きぬたもの・弄斎ろうさい物など器楽曲の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

付け物・付物の関連キーワード菊綴じ器楽曲飾り物放免歌物組歌段物水干

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android