コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付け込む・付込む つけこむ

大辞林 第三版の解説

つけこむ【付け込む・付込む】

( 動五[四] )
機会をうまくとらえて利用する。つけいる。 「人の弱みに-・む」
帳面に書き入れる。 「収支を帳簿に-・む」
あらかじめ約束しておく。 「初会馴染ぢやあ前びろから-・んでなくちやあいけません/歌舞伎・小春穏沖津白波」
跡を追って居場所をつきとめる。 「此善六が-・んだ、お染久松二人の者を/歌舞伎・お染久松色読販」
[可能] つけこめる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

付け込む・付込むの関連キーワードお染久松歌舞伎

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android