付たり(読み)つけたり

精選版 日本国語大辞典の解説

つけ‐たり【付たり】

[1] 〘連語〙 (動詞「つく」に助動詞「たり」の付いたもの) 本題に付随する別の事項を加えた、という意で、作品の目録などに用いる。付録。
※高野本平家(13C前)一「清水炎上〈付(つけたり)東宮立〉」
[2] 〘名〙 本来の物に添えられた副次的なもの。主に対して従となるもの。重きを置かない添えもの。
※東寺百合文書‐を・(応永一一年)(1404)一〇月二五日・上久世庄名主百姓等申状「ことにつけたりがましくおぼしめし候はんずる程に」
※鎌倉夫人(1902)〈国木田独歩〉上「鎌倉夫人はこの頃音楽学校へ通って居るよ。〈略〉実は音楽は附(ツケ)たりだといふことだぜ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android