コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

付子・附子 ぶし

大辞林 第三版の解説

ぶし【付子・附子】

トリカブトの塊根。アコニチンそのほかのアルカロイドを含む。劇薬。身体諸機能の衰弱・失調の回復・興奮に、また鎮痛に用いる。烏頭うず。ぶす。

ぶす【付子・附子】

ぶし(付子) 」に同じ。
の毒が恐ろしがられたことから〕 いとうべきもの。きらいなもの。 「(雷ハ)われらが-/浄瑠璃・浦島年代記」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

付子・附子の関連キーワードアルカロイドトリカブト衰弱付子ぶす劇薬塊根鎮痛

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android