付庸・附庸(読み)ふよう

大辞林 第三版の解説

ふよう【付庸・附庸】

宗主国に従属して、その命令に従う小国。属国。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ふ‐よう【付庸・附庸】

〘名〙
① (━する) 付属していること。つき従っていること。また、そのもの。
※元亨釈書(1322)二七「又有浄土焉、有成実焉、有倶舎焉、斯三為寓宗、譬国之附庸焉」
※集義和書(1676頃)八「外に又附庸の国あり。日本にても名こそ違ひたれ、此品あり。〈略〉十万石以下は附庸のごとし。これ諸侯一等の内の品なり」
※空華集(1359‐68頃)一二・楞伽勝会詩序「其国在南海中而為南天竺付庸」 〔史記‐秦本紀〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android