仙北市の源泉施設事故

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

仙北市の源泉施設事故

仙北市田沢湖生保内の市営温泉用源泉施設「カラ吹(ふき)源泉」で3月18日、施設の点検作業をしていた鉄工所従業員の坂本栄さん(当時78)と羽根川次吉さん(同67)、市企業局工務課の柴田政文さん(同42)=いずれも同市=が死亡した。死因は、硫化水素による中毒。 カラ吹源泉は、約4キロ離れた田沢湖高原温泉郷に湯を供給する施設で、蒸気に水を混ぜて70~80度の湯を作っている。そこから「引湯管」と呼ばれる管で温泉郷に湯を運ぶが、バルブが詰まって湯の出が悪くなり、点検が行われていた。 現場に出向いた鉄工所従業員2人と市職員4人は、いずれも防毒マスクやガス検知器を持ち歩いておらず、作業を委託する側の市に作業マニュアルがなかったことが判明している。

(2015-10-17 朝日新聞 朝刊 秋田全県・1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android