コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙台市若林区荒浜

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

仙台市若林区荒浜

慶長から元和(1596~1624年)に3人の浪人が定住したのが始まりと伝わる。長く漁業と農業が中心だったが、地区西側の荒浜新町での1980年代の区画整理事業に伴い会社員らが増えた。漁協やJAなどによると震災前の約700戸中、漁業者は約20戸、農業者は約180戸で、他の大半は会社員。大半は土地・家屋所有者とみられ、震災でほぼ全ての住居流失・全壊した。犠牲者は約170人。

(2011-12-27 朝日新聞 朝刊 宮城全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

仙台市若林区荒浜の関連キーワード慶長

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仙台市若林区荒浜の関連情報