コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仙花紙・泉貨紙 せんかし

大辞林 第三版の解説

せんかし【仙花紙・泉貨紙】

和紙の一。楮こうぞの皮ですいた厚手の丈夫な紙。江戸時代には帳簿・紙袋などに用いた。天正年間(1573~1591)伊予の僧、泉貨が創製したという。せんか。
第二次大戦後、故紙や砕木パルプなどを原料としてつくられた、粗悪な洋紙。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

仙花紙・泉貨紙の関連キーワード江戸時代厚手紙袋和紙帳簿洋紙故紙伊予

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android