代・体・台・堆・大・太・対・對・帯・帶・待・怠・態・戴・擡・替・殆・泰・滞・滯・耐・胎・腿・苔・袋・褪・諦・貸・退・逮・隊・頽・體・黛(読み)たい

大辞林 第三版の解説

たい【代・体・台・堆・大・太・対・對・帯・帶・待・怠・態・戴・擡・替・殆・泰・滞・滯・耐・胎・腿・苔・袋・褪・諦・貸・退・逮・隊・頽・體・黛】

【大】
⇒ だい〔大〕 [漢]
【太】 [音] タイ ・タ
非常に大きい。 「太陰・太虚・太鼓・太洋・太陽」
程度がはなはだしい。 「太古・太白・太平」
最初の。 「太極・太初・太祖・太宗」
いちばん上の。 「太后・太子・太守・太郎たろう・太政官だいじようかんだじようかん)」
【代】
⇒ だい〔代〕 [漢]
【台】
⇒ だい〔台〕 [漢]
【体(體)】 [音] タイ ・テイ
からだ。 「体育・体温・体格・体軀たいく・体刑・体質・体操・体罰・体力・五体・死体・上体・身体・人体・肉体・裸体」
きまった形。きまった形をもったもの。 「体系・体制・体積・体裁ていさい・解体・気体・具体・形体・国体・固体・姿体・字体・書体・政体・物体・文体・流体」
ようす。外観。 「体面・容体ようだい・人体にんてい・風体ふうてい
作用の根源。本質。 「体言・体用・客体・実体・主体・正体・常体・本体」
身につける。自分のものにする。 「体験・体得」
【対(對)】 [音] タイ ・ツイ
向かい合う。 「対応・対岸・対顔・対局・対座・対峙たいじ・対蹠たいしよたいせき)・対称・対象・対陣・対談・対置・対面・対立・対流・対話」
相手になる。 「対決・対抗・対戦・敵対・反対」
応じる。こたえる。うけとめる。 「対案・対応・対策・対処・応対」
くらべる。 「対照・対比・絶対・相対」
つりあう。ひとしい。 「対偶・対称・対等」
そろい。 「《ツイ》対句・好一対」
「対馬つしま国」の略。 「対州」
【 苔 】 [音] タイ
こけ。 「青苔・蘚苔せんたい・緑苔」
【待】 [音] タイ
まつ。 「待機・待望・待命・期待」
もてなす。 「待遇・歓待・招待・接待・優待」
【怠】 [音] タイ
おこたる。なまける。 「怠業・怠惰・怠納・怠慢・勤怠・懈怠けたいけだいかいたい)・倦怠けんたい
【 殆 】 [音] タイ
あやうい。危険だ。 「危殆・疑殆」
【耐】 [音] タイ
たえる。こらえる。 「耐寒・耐暑・耐乏・忍耐」
外部からの力に対して抵抗力をもっていること。 「耐火・耐久・耐酸・耐湿・耐震・耐水・耐性」
【胎】 [音] タイ
みごもる。はらむ。 「胎衣・胎児・胎生・胎動・懐胎・堕胎・換骨奪胎」
子宮。 「胎教・胎毒・胎内・母胎」
【退】 [音] タイ
しりぞく。のく。 「退却・退去・退散・退陣・後退・辞退・進退・敗退・不退転・一進一退」
追い払う。 「退治・撃退」
場所を離れて帰る。 「退院・退出・退場・退庁・退廷・早退」
官職・地位を去る。 「退位・退役・退学・退官・退校・退職・退任・引退・隠退・脱退・中退・勇退」
おとろえる。消極的になる。 「退嬰たいえい・退屈・減退・衰退・沈退」
【帯(帶)】 [音] タイ
おび。おび状に巻きつける。 「衣帯・眼帯・束帯・着帯・包帯・一衣帯水」
おびる。
身につける。 「帯出・帯刀・携帯」
ある性質や要素を含む。 「帯電・帯緑色」
ともにする。 「帯同・連帯」
おび状の地域。 「一帯・温帯・寒帯・地帯・熱帯・火山帯」
配偶者や家族をもつ。 「妻帯・所帯」
【泰】 [音] タイ
おちついている。 「泰安・泰平・安泰」
はなはだ。 「泰西・泰東」
タイ国のこと。 「日泰・泰緬たいめん鉄道」
【堆】
⇒ つい〔堆〕 [漢]
【袋】 [音] タイ
ふくろ。 「風袋・薬袋・郵袋」
【逮】 [音] タイ
とらえる。捕まえる。 「逮捕」
近づく。及ぶ。追いつく。 「逮夜」
【替】 [音] タイ
とりかえる。かわる。 「交替・代替」
すたれる。 「隆替」
【貸】 [音] タイ
かす。 「貸借・貸与・賃貸・賃貸借」
【隊】 [音] タイ
兵士の集団。 「隊形・隊伍・隊長・隊列・横隊・軍隊・小隊・大隊・中隊・部隊・編隊・本隊・連隊」
組織された集団。 「隊商・楽隊」
【滞(滯)】 [音] タイ
はかどらない。とどこおる。 「滞貨・滞納・延滞・結滞・渋滞・遅滞・沈滞・停滞」
とどまる。 「滞欧・滞空・滞在・滞留」
【態】 [音] タイ
すがた。さま。ようす。 「態勢・態度・奇態・旧態・形態・姿態・事態・醜態・状態・常態・生態・世態・変態・様態・容態ようだい
【 腿 】 [音] タイ
もも。 「下腿・上腿・大腿」
【 褪 】 [音] タイ
あせる。色がさめる。 「褪色」
【 諦
⇒ てい〔諦〕 [漢]
【 頽 】 [音] タイ
くずれる。すたれる。おとろえる。 「頽運・頽勢・頽唐・頽廃・衰頽・敗頽・廃頽」
【 黛 】 [音] タイ
まゆずみ。 「黛眉たいび・翠黛すいたい・粉黛」
濃いあお色。また、あおあおした山の形容。 「黛色・黛青」
【戴】 [音] タイ
頭にいただく。 「戴冠」
敬う。あがめる。あおぐ。いただく。 「戴天・推戴・頂戴・奉戴」
【 擡 】 [音] タイ
もたげる。高くする。 「擡頭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android