コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代表越訴 だいひょうおっそ

大辞林 第三版の解説

だいひょうおっそ【代表越訴】

江戸時代、百姓一揆の一形。村役人などの有力な百姓が、村人たちの代表として、越訴を行い、村の要求を獲得しようとしたもの。一七世紀の後半から各地の一揆で多くとられた方式で、佐倉惣五郎を代表例とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

代表越訴の関連キーワード万石騒動日録佐倉惣五郎惣百姓一揆磔茂左エ門百姓一揆下田隼人村役人一揆義民強訴打毀

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android