コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

以ち もち

大辞林 第三版の解説

もち【以ち】

〔動詞「もつ(持つ)」の連用形。「をもち」の形でも用いられる。上代語〕
動詞「持つ」の具体的な意味が薄れ、格助詞的に用いられる。手段・方法・材料を表す。…で。…でもって。 「をみなへし佐紀野に生ふる白しらつつじ知らぬこと-言はれし我が背/万葉集 1905」 「清き直き心を-此の王を輔たすけ導きて/続紀 天応一宣命

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

以ちの関連キーワード人民・公民・百姓回す・廻す斎く・傅く藤原麻呂花鳥の使を以ちて御杖代駅馬使直し海幸動詞太占

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android