コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

以ち もち

1件 の用語解説(以ちの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

もち【以ち】

〔動詞「もつ(持つ)」の連用形。「をもち」の形でも用いられる。上代語〕
動詞「持つ」の具体的な意味が薄れ、格助詞的に用いられる。手段・方法・材料を表す。…で。…でもって。 「をみなへし佐紀野に生ふる白しらつつじ知らぬこと-言はれし我が背/万葉集 1905」 「清き直き心を-此の王を輔たすけ導きて/続紀 天応一宣命

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

以ちの関連情報