以呂波茶屋(読み)いろはぢゃや

精選版 日本国語大辞典の解説

いろは‐ぢゃや【以呂波茶屋】

〘名〙
① 江戸時代、大坂道頓堀にあった芝居茶屋。四八軒あったことによる名。いろは。
※浄瑠璃・心中重井筒(1707)上「『ヤアそんならばいろはぢゃ屋か』『イエイエ太左衛門橋筋に』」
② 江戸谷中(やなか)、感応寺前にあった岡場所。「いろは」の字がのれんに染め出してあったところから、また店が四七軒あったところからなど諸説ある。いろは。
雑俳・もみぢ笠(1702)「たちよりてはの字で休めいろは茶屋

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

八村塁

プロバスケットボール選手。ポジションはパワーフォワード、スモールフォワード。身長203センチメートル、体重104キログラム。アフリカ・ベナン共和国出身の父と日本人の母をもつ。1998年2月8日、富山県...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android