コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仮初め・苟且 かりそめ

大辞林 第三版の解説

かりそめ【仮初め・苟且】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
その場限りである・こと(さま)。一時。 「 -の縁えにし」 「 -の恋」
さして重大でないこと。ふとしたこと。また、そのさま。 「 -の病」 「奥羽長途の行脚只-に思ひたちて/奥の細道」
軽々しい・こと(さま)。おろそか。ゆるがせ。 「 -にする」 「ああ、-な事も致さう事でおりない/狂言・瓜盗人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

仮初め・苟且の関連キーワード瓜盗人

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android