仮初め・苟且(読み)かりそめ

大辞林 第三版の解説

かりそめ【仮初め・苟且】

( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
その場限りである・こと(さま)。一時。 「 -の縁えにし」 「 -の恋」
さして重大でないこと。ふとしたこと。また、そのさま。 「 -の病」 「奥羽長途の行脚只-に思ひたちて/奥の細道」
軽々しい・こと(さま)。おろそか。ゆるがせ。 「 -にする」 「ああ、-な事も致さう事でおりない/狂言・瓜盗人」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アイントホーフェン

オランダの生理学者。旧オランダ領ジャワ島のスマランに、陸軍軍医の子として生まれた。陸軍の給費学生としてユトレヒト大学に学び、医師となった。1886年ライデン大学の生理学教授に任ぜられ、兵役を免除された...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android