仮差し押さえ・仮差し押え(読み)かりさしおさえ

大辞林 第三版の解説

かりさしおさえ【仮差し押さえ・仮差し押え】

金銭債権またはこれに代わる可能性のある債権の執行を保全するため、確定判決を得て強制執行に着手するまでの間、債務者の財産の処分・移転を暫定的に禁止する処置。債権者の申請に基づき、裁判所が命令する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android