仮道管・仮導管(読み)かどうかん

大辞林 第三版の解説

かどうかん【仮道管・仮導管】

裸子植物やシダ植物の木部の主要素。組織の支持や水分の通路となる細胞壁の肥厚した組織。細長い紡錘形・管状の死細胞より成り、道管に似るが、隔壁に穿孔せんこうがない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android