コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲南[町] ちゅうなん

百科事典マイペディアの解説

仲南[町]【ちゅうなん】

香川県南部,仲多度郡の旧町。大部分が丘陵性山地で,財田(さいた)川流域に低地がある。溜池灌漑(ためいけかんがい)による米,麦,タバコのほか,ミカン,タケノコを産する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちゅうなん【仲南[町]】

香川県南部,仲多度郡の町。人口4948(1995)。南は徳島県に接する。讃岐山脈北斜面に位置し,中央部を財田(さいた)川が西流北部金倉川が北流し,川沿いに集落が散在する。北部も低い丘陵性地形が広がり,平地に乏しい。土讃線,国道32号,377号線が通じる。産業の中心は農林業で,溜池灌漑による米,タバコ,たけのこ,ミカン,カキの生産のほか,肉牛,酪農の多頭飼育も行われる。北東部に満濃町にまたがって満濃池がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地蔵盆

主に京都などで、8月23日・24日(古くは陰暦7月24日)に行われる行事。石地蔵にお飾りをしてまつり、さまざまの余興を行う。地蔵祭り。地蔵会(じぞうえ)。《季 秋》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

仲南[町]の関連情報