コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲原 善忠 ナカハラ ゼンチュウ

20世紀日本人名事典の解説

仲原 善忠
ナカハラ ゼンチュウ

大正・昭和期の歴史・地理学者,沖縄研究家,教育者



生年
明治23(1890)年7月15日

没年
昭和39(1964)年11月25日

出生地
沖縄県久米島

学歴〔年〕
広島高師(現・広島大学)〔大正6年〕卒

経歴
各地の師範、中学教師を経て、大正13年小原国芳の成城学園の経営に参加、事務・会計面で力があった。また地理・歴史を教え、昭和2年ヨーロッパへ遊学。3年帰国後「世界地理精義」「日本地理精義」を刊行した。18年おもろ研究の初論文「かがり糸」を発表。21年成城学園を辞し、以後沖縄研究に没頭する傍ら、沖縄人連盟会長、沖縄財団理事、琉球育英会東京事務所長、沖縄文化協会会長を務めた。23年には比嘉春潮らと「沖縄文化」を創刊し、沖縄学発展に貢献した。とくに、「おもろ新釈」(33年)などの研究は、おもろさうし成立の社会的背景に力点を置いたもので、生産者層による支配者層批判を実証し、伊波普猷の方法を批判した。「仲原善忠全集」(全4巻)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

仲原 善忠 (なかはら ぜんちゅう)

生年月日:1890年7月15日
大正時代;昭和時代の歴史・地理学者;沖縄研究家
1964年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

仲原 善忠の関連キーワード女官御双紙仲里旧記生年月日地理学者昭和時代護佐丸オモロ教育者

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android