コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仲里[村] なかざと

世界大百科事典 第2版の解説

なかざと【仲里[村]】

沖縄県島尻郡の村。沖縄島(本島)の那覇市の西約100kmにある久米島の東部を占め,属島の奥武(おう)島,オーハ島を含む。人口5157(1995)。村の南と北にはそれぞれ標高約300mの山地があり,中央部の海岸に面して低地が広がる。古くから米の生産地として知られ,水に乏しい丘陵地に溜池をつくるなど灌漑にも努力し,水田を広げてきたが,現在は大部分が基幹作物のサトウキビ花卉などの栽培に転換している。肉用牛畜産も行われる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

仲里[村]の関連キーワード沖縄県島尻郡

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android