任天堂[株](読み)にんてんどう

百科事典マイペディアの解説

任天堂[株]【にんてんどう】

家庭用ゲーム機器の国際的メーカー。1933年山内任天堂として設立,1947年丸福,1951年任天堂骨牌と改称,1952年現社名。かるた,トランプなどから出発し,1983年発売の家庭用電子ゲーム機械ファミリーコンピューター(ファミコン)で世界的企業に成長した。その後スーパーファミコン,ゲームボーイ,NINTENDO64,〈ニンテンドーゲームキューブ〉などを次々と開発。〈スーパーマリオ〉シリーズなどのソフトも手がけ,ゲームボーイ用ソフト〈ポケットモンスター〉(ポケモン)が大ヒットした。最近は携帯ゲーム機〈ニンテンドーDS〉や2006年発売の〈Wii(ウィー)〉を中心にハード・ソフトの強化を図る。米国メジャー・リーグ(大リーグ)のシアトル・マリナーズの大株主でもある。本社京都,工場宇治。2011年資本金100億円,2011年3月期売上高1兆143億円。売上構成(%)は,レジャー機器100。海外売上比率83%。
→関連項目エニックス[株]セガ[株]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android