コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

企業統治(コーポレートガバナンス)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

企業統治(コーポレートガバナンス)

株主などの利害関係者によって企業が統制される仕組み。ワンマン経営もとでは業績悪化や不祥事に適切に対応しにくいとして、欧米で80年代から研究や制度導入が進められた。正しい財務報告をつくるシステムづくりを公開企業に義務づける「内部統制」もその一環

(2006-03-02 朝日新聞 朝刊 1経済)

企業統治(コーポレートガバナンス)

経営者の暴走などに歯止めをかけて不正行為を防ぎ、収益力を上げて企業価値を高めるための仕組み。取締役や監査役に社外の経営者有識者を加える例が多い。開会中の臨時国会に提出される見通しの会社法改正案では、社外取締役の設置義務化は見送られた。

(2013-10-19 朝日新聞 朝刊 5総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

企業統治(コーポレートガバナンス)の関連キーワードウィリアムソン(アメリカの経済学者 Oliver E. Williamson )ガバナンス Governanceコーポレートガバナンス・コードマネジメント・バイアウトコーポレート・ガバナンス地方公営企業等金融機構コーポレートガバナンス米国型企業統治モデルナナル コーウェン特設注意市場銘柄公営企業金融公庫委員会設置会社日本版SOX法国際取引所連合ITガバナンス責任投資原則ガバナンスESG投資ESG問題契約理論

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

企業統治(コーポレートガバナンス)の関連情報