コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊丹市と大阪(伊丹)空港

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊丹市と大阪(伊丹)空港

1939年に完成した大阪第2飛行場(伊丹飛行場)が前身。敷地311ヘクタールの64%を伊丹市が占める。ジェット機就航を機に周辺住宅地で騒音問題が深刻化し、64年に伊丹市を含む地元8市で大阪国際空港騒音対策協議会が発足、後に11市協になった。伊丹市は73年に「空港撤去都市」を宣言し、伊丹廃止を前提に関西空港の計画が進んだ。しかし、90年に11市協と運輸省(現・国土交通省)が協定を調印して存続が決まり、07年には伊丹市が「空港と共生する都市」を宣言した。藤原保幸市長は旧建設省、市助役をへて05年に初当選し、現在2期目。

(2009-12-08 朝日新聞 朝刊 神戸 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

伊丹市と大阪(伊丹)空港の関連キーワード斎藤寅次郎久松静児マキノ雅広吉村公三郎大庭秀雄清水宏森一生第2次世界大戦恐怖映画田坂具隆

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android