コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊京集 いきょうしゅう

大辞林 第三版の解説

いきょうしゅう【伊京集】

国語辞書。古本節用集の一種。室町末期の筆写本。語を天地・時節・人倫などに分類し、「いろは歌」の順に掲出したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

伊京集の関連キーワード小姓・小性国語辞書いろは歌黒頭公鶴の子筆写本丁年雪白雪隠玉塵人倫時節天地蜻蜓

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android