コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊勢屋四郎左衛門(3代) いせや しろうざえもん

1件 の用語解説(伊勢屋四郎左衛門(3代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊勢屋四郎左衛門(3代) いせや-しろうざえもん

?-? 江戸時代中期の商人。
初代が江戸ではじめた米問屋・金貸業をつぎ,浅草蔵前(くらまえ)で札差(ふださし)業に進出。享保(きょうほう)9年(1724)札差株仲間の起立人となった。4代以降も堅実な経営をつづけ,寛政元年ごろには最大の札差業者であった。天保(てんぽう)9年江戸城西丸火災のとき,幕府上納金10万両余の世話方をつとめ,その功により町方御用達並となり,青地姓をゆるされた。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone