伊平屋村のごみ焼却炉訴訟

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊平屋村のごみ焼却炉訴訟

東京のプラントメーカーが03年3月、と約8億4千万円の焼却炉建設工事請負契約を結んだが、村は同年8月、同社との交渉終了を通告し、別の業者と契約した。05年5月に焼却炉は完成したものの、同社は、村が一方的に契約を破棄したと主張。同年11月、3億9千万円の損害賠償を求めて提訴した。一、二審判決はともに村の主張を退け、村に約1億4千万円の支払いを命じた。最高裁も11月21日付で村の上告を不受理とした。

(2008-12-25 朝日新聞 夕刊 2社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android