伊弉諾尊・伊邪那岐命(読み)いざなきのみこと

大辞林 第三版の解説

いざなきのみこと【伊弉諾尊・伊邪那岐命】

〔後世は「いざなぎ」とも〕 記紀神話で国生みをした男神。伊弉冉尊いざなみのみこととともに天の浮橋に立ち、天の瓊矛ぬぼこで海水をかきまわして磤馭慮おのごろ島をつくり、天降あまくだって婚姻し国土と多くの神々を生んだ。天照大神あまてらすおおみかみ・月読尊つくよみのみこと・素戔嗚尊すさのおのみことの父。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる