コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊東 万燿 イトウ マンヨウ

20世紀日本人名事典の解説

伊東 万燿
イトウ マンヨウ

昭和期の日本画家



生年
大正10(1921)年9月16日

没年
昭和45(1970)年11月26日

出生地
東京市

本名
伊東 満(イトウ ミツル)

学歴〔年〕
成城高卒

主な受賞名〔年〕
新日展総理大臣賞〔昭和42年〕「踊る」,日本芸術院賞〔昭和43年〕「踊る」

経歴
父に画を学ぶ。昭和14年新美術協会展に初入選、16年新文展に「楽人」が入選したが、その直後応召、19年除隊。戦後日展を中心に活躍。22年「落葉する頃」、24年「高原清秋」がともに日展で特賞となる。25年日展依嘱となり、29年「無言(しじま)」で玉堂賞を受け、35年日展会員となる。この間、深水門下による青衿会にも出品し、25年結成された日月社では委員、のち総務を務めた。42年新日展で「踊る」が総理大臣賞となり、翌年同作品で日本芸術院賞を受賞。41年より日展評議員。父深水の浮世絵風美人画に対して現代的な人物群像を得意とした。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

伊東 万燿の関連キーワードグローバルアドレスコンモドゥスサブネットマスク健康余命サブネットマスク静的IPマスカレード田中卓志ギガナビスナビス

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android