伊東信吉(読み)いとうしんきち

大辞林 第三版の解説

いとうしんきち【伊東信吉】

1906~2002) 詩人、評論家。群馬県生まれ。階級意識を抒情的に歌った「故郷」以後、詩作を断って評論活動を展開。七十歳で第二詩集「上州」を刊行、方言詩を試みる。作品「萩原朔太郎」「望郷蛮歌・風や天」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android