伊東陶山(初代)(読み)いとう とうざん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊東陶山(初代) いとう-とうざん

1846-1920 幕末-大正時代の陶芸家。
弘化(こうか)3年4月10日生まれ。文久3年日本画から製陶に転じ,亀屋旭亭(かめや-きょくてい)に師事。慶応3年京都粟田(あわた)に窯をひらき,宇治朝日焼の復興,粟田焼の振興に尽力。明治17年から粟田陶磁器組合長をつとめ,技法の改良や輸出面に貢献した。大正6年帝室技芸員。大正9年9月24日死去。75歳。京都出身。前名は幸右衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android