コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊王島[町] いおうじま

2件 の用語解説(伊王島[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

伊王島[町]【いおうじま】

長崎県西彼杵(にしそのぎ)郡,長崎市南西海上の伊王島と沖之島からなる旧町。かつては高島炭田に属する良質の弱粘結炭産地であったが,現在は閉山。カトリック信者が多く馬込天主堂がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

いおうじま【伊王島[町]】

長崎県南部,西彼杵(にしそのぎ)郡の町。人口1160(1995)。長崎市の南西海上10kmの沖合に横たわる伊王島,沖之島両島からなり,両島は橋で結ばれている。標高100m前後の山地が多く,平地に乏しい。かつては半農半漁の寒村であったが,1941年に日鉄伊王島鉱業所によって海底炭田の採掘が開始され,以来炭鉱の町として発展した。しかし,72年に炭鉱は閉山され,最盛期に7792人を数えた人口は激減し,現在もなお減少を続けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

伊王島[町]の関連キーワード家船西海長崎半島西彼杵半島長崎県立大学諫早神近義邦富田愿之助長崎自動車

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone