伊藤 信吉(読み)イトウ シンキチ

20世紀日本人名事典の解説

伊藤 信吉
イトウ シンキチ

昭和・平成期の詩人,評論家



生年
明治39(1906)年11月30日

没年
平成14(2002)年8月3日

出生地
群馬県群馬郡元総社村(現・前橋市)

学歴〔年〕
高小卒

主な受賞名〔年〕
平林たい子文学賞(第2回)〔昭和49年〕「ユートピア紀行」,読売文学賞(評論・伝記賞 第28回)〔昭和51年〕「萩原朔太郎」,多喜二百合子賞(第2回)〔昭和52年〕「天下末年」,芸術選奨文部大臣賞(第30回)〔昭和55年〕「望郷蛮歌・風や天」,高橋元吉文化賞(第20回),丸山豊記念現代詩賞(第2回)〔平成5年〕「上州おたくら・私の方言詩集」,読売文学賞(随筆・紀行部門 第48回)〔平成9年〕「監獄裏の詩人たち」,日本芸術院賞恩賜賞(平10年度)〔平成11年〕,詩歌文学館賞(現代詩部門 第17回)〔平成14年〕「老世紀界隈で」

経歴
前橋市の農家に生まれ、小卒後、群馬県庁へ勤めながら詩作し、同郷の詩人・萩原朔太郎に師事。昭和3年草野心平と共にアナーキズム系の詩人を抱括して「学校詩集」を編集刊行。4年上京、プロレタリア詩人会に参加。6年ナップ(全日本無産者芸術団体協議会)に加盟し、雑誌「ナップ」「プロレタリア詩」等に作品を発表。7年治安維持法違反容疑で逮捕され、プロレタリア文学運動から退く。8年第一詩集「故郷」を刊行後、長い間詩作を断った。14年吉田健一らと「批評」を創刊、「歴程」同人にもなり、各種の評論を発表し、「現代詩人論」「作家論」など刊行。戦後は詩評論、研究が中心となり、「現代詩の鑑賞」「近代詩の系譜」などを著す。51年に第二詩集「上州」を出してから、盛んに詩作。萩原朔太郎の研究家としても知られ、著書「萩原朔太郎研究」「萩原朔太郎」があるほか、「萩原朔太郎全集」など萩原の全集の編纂に4度携わった。また「室生犀星全集」「現代日本詩人全集」の編集・解説も行った。49年日本現代詩人会長、平成8年群馬県立土屋文明記念文学館の初代館長に就任。11年には92歳の史上最高齢で日本芸術院賞を受賞。飄々とした佇まいで詩壇の長老として信望を集めた。他に評論・随筆「島村藤村の文学」「高村光太郎」「監獄裏の詩人たち」「逆流の中の歌―詩的アナキズムの回想」「ユートピア紀行」、詩集「天下末年」「望郷蛮歌・風や天」「上州おたくら・私の方言詩集」「老世紀界隈で」など。「伊藤信吉著作集」(全7巻 沖積舎)がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

伊藤 信吉 (いとう しんきち)

生年月日:1906年11月30日
昭和時代;平成時代の詩人;評論家
2002年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android