伊藤 昌哉(読み)イトウ マサヤ

20世紀日本人名事典「伊藤 昌哉」の解説

伊藤 昌哉
イトウ マサヤ

昭和・平成期の政治評論家 元・首相秘書官。



生年
大正6(1917)年11月21日

没年
平成14(2002)年12月13日

出生地
旧満州

出身地
福岡県

学歴〔年〕
東京帝国大学法学部政治学科〔昭和17年〕

経歴
昭和22年西日本新聞社入社、政治部記者となる。33年池田勇人国務官、35年池田首相秘書官、39年宏池会事務局長を歴任。池田の死後大平正芳の政治指南役として活躍。48年の大平内閣でも調整役やブレーンとして重用された。55年の大平死後、政治評論家に転身。辛口評で知られた。著書に「池田勇人その生と死」「宰相盗り」の他、57年大きな話題を呼んだ「自民党戦国史―権力の研究」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android