伊藤忠兵衛(初代)(読み)いとう ちゅうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤忠兵衛(初代) いとう-ちゅうべえ

1842-1903 幕末-明治時代の実業家。
天保(てんぽう)13年7月2日生まれ。代々の近江(おうみ)商人。11歳で近江麻布(まふ)などの行商をはじめ,明治5年大阪本町に紅忠(べんちゅう)(伊藤忠商事,丸紅の前身)を開店,呉服太物商となる。17年伊藤本店と改称。18年伊藤外海(そとうみ)組を設立し対米貿易をはじめる。26年近江銀行の創立に参画。29年日東合資を設立し中国貿易に進出した。明治36年7月8日死去。62歳。
【格言など】およそ商業者の貴む所は機敏にあり

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android