コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤痴遊・伊藤癡遊 いとうちゆう

1件 の用語解説(伊藤痴遊・伊藤癡遊の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

いとうちゆう【伊藤痴遊・伊藤癡遊】

(初代)(1867~1938) 講談師・政治家。横浜生まれ。本名は仁太郎。普通選挙第一回で衆議院議員に当選。双木舎そうぼくしや痴遊と名乗り自作の政治講談を読む。のち、講談が本業となる。著「伊藤痴遊全集」全三〇巻。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

伊藤痴遊・伊藤癡遊の関連キーワード珪藻土直木賞歴史小説アメリカ美術近衛声明芥川賞亡命文学麦と兵隊藤堂平助ブラント

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone