伊藤痴遊・伊藤癡遊(読み)いとうちゆう

大辞林 第三版の解説

いとうちゆう【伊藤痴遊・伊藤癡遊】

(初代)(1867~1938) 講談師・政治家。横浜生まれ。本名は仁太郎。普通選挙第一回で衆議院議員に当選。双木舎そうぼくしや痴遊と名乗り自作の政治講談を読む。のち、講談が本業となる。著「伊藤痴遊全集」全三〇巻。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android