伊藤若冲(1716~1800)

  • 1716~1800
  • 伊藤若冲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

江戸時代中期の絵師青物問屋長男に生まれる。40歳の時に家業に譲り、没頭代表作の「動植綵絵」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)は30幅あり、花、昆虫などを生きているように描いた。

(2010-05-01 朝日新聞 朝日新聞 朝刊文化)

京都高倉錦小路の青物問屋の長男に生まれ、15歳ごろから絵を学び、40歳で弟に家督を譲ると画業に打ち込んだ。動植物を写実的に描く一方、無数のマス目を絵の具で埋めていく「升目描き」を用いたり、点描やにじみを生かす水墨画を生み出したり、様々なアイデアを駆使した。

(2015-10-26 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android