コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤若冲(1716~1800)

2件 の用語解説(伊藤若冲(1716~1800)の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊藤若冲(1716~1800)

江戸時代中期の絵師。青物問屋の長男に生まれる。40歳の時に家業を弟に譲り、絵に没頭。代表作の「動植綵絵」(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)は30幅あり、花、鳥、昆虫、魚などを生きているように描いた。

(2010-05-01 朝日新聞 朝日新聞 朝刊文化)

伊藤若冲(1716~1800)

京都高倉錦小路の青物問屋の長男に生まれ、15歳ごろから絵を学び、40歳で弟に家督を譲ると画業に打ち込んだ。動植物を写実的に描く一方、無数のマス目を絵の具で埋めていく「升目描き」を用いたり、点描やにじみを生かす水墨画を生み出したり、様々なアイデアを駆使した。

(2015-10-26 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊藤若冲(1716~1800)の関連キーワード荒井千春梅野江雪柏原孫左衛門狩野永翁狩野永良狩野興碩富川吟雪春川秀蝶森野宗玉安田長兵衛江戸狩野塩見政誠林清節小野川検校土田宗悦原栄宅菱川政信都又平八重崎検校(1)八塩幾右衛門

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊藤若冲(1716~1800)の関連情報