伊藤 不二男(読み)イトウ フジオ

20世紀日本人名事典の解説

伊藤 不二男
イトウ フジオ

昭和期の法学者 九州大学名誉教授。



生年
明治44(1911)年3月20日

没年
昭和62(1987)年3月25日

出身地
福岡県

学歴〔年〕
東京大学法学部〔昭和11年〕卒

主な受賞名〔年〕
日本学士院賞〔昭和41年〕,アルフォンソ10世勲章(スペイン)〔昭和49年〕,勲二等瑞宝章〔昭和57年〕

経歴
昭和12年九大へ。南山大、熊本大を経て28年九大助教授、29年教授に。38年から2年間法学部長を務め、49年退官。著書に「ビトリアの国際法理論」「スアレスの国際法理論」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

伊藤 不二男 (いとう ふじお)

生年月日:1911年3月20日
昭和時代の法学者。九州大学教授
1987年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android