伊藤 康安(読み)イトウ コウアン

20世紀日本人名事典の解説

伊藤 康安
イトウ コウアン

大正・昭和期の仏教学者,僧侶 元・早稲田大学文学部教授。



生年
明治23(1890)年9月23日

没年
昭和40(1965)年12月10日

出生地
東京・北品川

学歴〔年〕
早稲田大学文学科和漢文科〔明治45年〕卒

経歴
早稲田大学第一高等学院教授となり、同高等師範部教授から昭和17年文学部教授となった。中世文学仏教文学を講じた。36年定年退職、名誉教授となり、誕生地品川の禅寺春雨寺(沢庵和尚の隠退した春雨庵)主管となった。著書に「禅と社会」「沢庵」「仏教の理論と展開」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android