コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆大島暫定憲法

1件 の用語解説(伊豆大島暫定憲法の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊豆大島暫定憲法

1946年1月、連合国軍総司令部(GHQ)の覚書で伊豆諸島が日本から切り離されることになり、伊豆大島の島民が約1カ月で作った。全23条。前文で「旺盛なる道義の心に徹し万邦和平の一端を負荷しここに島民相互厳に誓う」と平和主義をうたい、1条で「大島の統治権は島民にあり」と主権在民を明記した。52日後にGHQの指令が修正され、本土復帰したため幻に終わった。97年に発見された憲法原本など史料が所在不明になっており、大島町が調査している。

(2014-05-10 朝日新聞 朝刊 都 2地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

伊豆大島暫定憲法の関連キーワードGHQ進駐軍連合国軍最高司令官総司令部・連合国総司令部連合国軍最高司令官総司令部プランゲ文庫マルセル・ジュノー博士坂西志保支那派遣軍総司令部占領軍総司令部連合国最高司令官総司令部

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊豆大島暫定憲法の関連情報