コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆・小笠原海溝 いずおがさわらかいこう

世界大百科事典 第2版の解説

いずおがさわらかいこう【伊豆・小笠原海溝】

北は房総半島犬吠埼沖の第一鹿島海山から,南は小笠原諸島南東方の小笠原海台まで,ほぼ南北に走る全長約850kmの海溝。最深部(水深9780m)は小笠原諸島北東の北緯29゜12′,東経142゜50′にある。海溝軸に沿って重力フリーエア異常の負(-300mGal)の帯があり,地殻熱流量も低い。房総南東の北緯34゜付近で相模トラフと交わる。伊豆・小笠原海溝の東側は太平洋プレートの一部であり,その西側では,相模トラフより北がユーラシアプレート,南がフィリピンプレートとされている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

伊豆・小笠原海溝の関連キーワードフィリピン海プレート伊豆・小笠原海溝日本(にほん)小笠原海嶺中部地方日本海溝太平洋

伊豆・小笠原海溝の関連情報