伊豆・小笠原海溝(読み)いずおがさわらかいこう

世界大百科事典 第2版の解説

いずおがさわらかいこう【伊豆・小笠原海溝】

北は房総半島犬吠埼沖の第一鹿島海山から,南は小笠原諸島南東方の小笠原海台まで,ほぼ南北に走る全長約850kmの海溝。最深部(水深9780m)は小笠原諸島北東の北緯29゜12′,東経142゜50′にある。海溝軸に沿って重力フリーエア異常の負(-300mGal)の帯があり,地殻熱流量も低い。房総南東の北緯34゜付近で相模トラフと交わる。伊豆・小笠原海溝の東側は太平洋プレートの一部であり,その西側では,相模トラフより北がユーラシアプレート,南がフィリピンプレートとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android