伊豆・小笠原海溝(読み)いずおがさわらかいこう

世界大百科事典 第2版の解説

北は房総半島犬吠埼沖の第一鹿島海山から,南は小笠原諸島南東方の小笠原海台まで,ほぼ南北に走る全長約850kmの海溝。最深部(水深9780m)は小笠原諸島北東の北緯29゜12′,東経142゜50′にある。海溝軸に沿って重力フリーエア異常の(-300mGal)の帯があり,地殻熱流量も低い。房総南東の北緯34゜付近で相模トラフと交わる。伊豆小笠原海溝の東側は太平洋プレートの一部であり,その西側では,相模トラフより北がユーラシアプレート,南がフィリピンプレートとされている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android