コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊賀鉄道

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊賀鉄道

近畿日本鉄道が保有する伊賀線(伊賀上野―伊賀神戸〈かんべ〉間16・6キロ)の運行を引き受けるために伊賀市が2%(100万円)、残りを近鉄が出資して設立された第三セクターで、2007年10月開業。12年度の利用者数は約163万8千人(前年度比4・9%減)。運行の収支は赤字で、市は13年度、列車自動停止装置(ATS)の設置費も含めて約6800万円の補助金を支出した。

(2014-04-10 朝日新聞 朝刊 伊賀 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

伊賀鉄道の関連キーワード近畿日本鉄道(株)青山(三重県)廃補陀落寺町石伊賀鉄道伊賀線上野(三重県)伊賀国分寺跡近畿日本鉄道長楽山廃寺跡城之越遺跡伊賀[市]上野盆地田中善助上野城跡丸山城上野城岩倉峡

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊賀鉄道の関連情報