伊賀鉄道

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

伊賀鉄道

近畿日本鉄道が保有する伊賀線(伊賀上野―伊賀神戸〈かんべ〉間16・6キロ)の運行を引き受けるために伊賀市が2%(100万円)、残りを近鉄が出資して設立された第三セクターで、2007年10月開業。12年度の利用者数は約163万8千人(前年度比4・9%減)。運行の収支は赤字で、市は13年度、列車自動停止装置(ATS)の設置費も含めて約6800万円の補助金を支出した。

(2014-04-10 朝日新聞 朝刊 伊賀 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

伊賀鉄道の関連情報