コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達政宗(2) だて まさむね

1件 の用語解説(伊達政宗(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達政宗(2) だて-まさむね

1567-1636 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
永禄(えいろく)10年8月3日生まれ。出羽(でわ)米沢(よねざわ)城(山形県)城主伊達輝宗(てるむね)の長男。母は保春院。18歳で家督をつぐ。畠山・蘆名氏をほろぼし,奥州南部で一大勢力をきずくが,天正(てんしょう)18年小田原攻めに参陣して豊臣秀吉に服属。関ケ原の戦いでは徳川方につき,慶長8年陸奥(むつ)仙台藩主伊達家初代となる。62万石。18年支倉常長(はせくら-つねなが)をローマへ派遣した。寛永13年5月24日死去。70歳。幼名は梵天丸。通称は藤次郎。俗称は独眼竜

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

伊達政宗(2)の関連キーワード山本養仙常行荒川養鉄一峰麟曹木村養元順専正玄雪林等木吉田林庵

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone