コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊達政宗(2) だて まさむね

1件 の用語解説(伊達政宗(2)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊達政宗(2) だて-まさむね

1567-1636 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
永禄(えいろく)10年8月3日生まれ。出羽(でわ)米沢(よねざわ)城(山形県)城主伊達輝宗(てるむね)の長男。母は保春院。18歳で家督をつぐ。畠山・蘆名氏をほろぼし,奥州南部で一大勢力をきずくが,天正(てんしょう)18年小田原攻めに参陣して豊臣秀吉に服属。関ケ原の戦いでは徳川方につき,慶長8年陸奥(むつ)仙台藩主伊達家初代となる。62万石。18年支倉常長(はせくら-つねなが)をローマへ派遣した。寛永13年5月24日死去。70歳。幼名は梵天丸。通称は藤次郎。俗称は独眼竜

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

伊達政宗(2)の関連キーワード斎藤龍興伊達政宗伊達政宗徳姫伊達政宗伊達政宗伊達政宗一柳直盛ビベロ・イ・ベラスコ真田幸村

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone